キャバクラは営業力を向上させるには最高の学び場

実は、キャバクラは最高の学び場なのです。

題名を見て、
「後藤さんチャラい〜」

って思ったことでしょう(笑)

そう思った貴方はこの記事を見て
すかさずキャバクラに行くことでしょう。

ではでは、早速本題に!

まず第一に
あなたはキャバ嬢という存在に対して
どんなイメージを抱いてますか??

  • 楽に大金が稼げる
  • 派手
  • 可愛い
  • 夜の仕事

きっと、こんなイメージを持っていると思います。

でも僕はもっと違うイメージを持ってます。

それは、どういうイメージかって言うと…

『キャバ嬢はスーパーセールスウーマン』
って思ってます。

プロのキャバ嬢の接客スキルは神です。

それこそ、そこらの営業マンじゃ太刀打ちできません。

・こっちの話をしっかりと聞いてくれる
・どんな話でも否定せずリアクションしてくれる
・大体のことに共感してくれる
・会話の節々でヨイショしてくれる
・お酒もすぐに作ってくれる
・煙草の火もすぐに着けてくれる

これらの一連の行動は全て
お客の自己重要感を満たしてくれるんです。

自己重要感(自己肯定感)とは…

 

  • 自分の存在を認めてくれる
  • 自分の価値を認識してくれる
  • 自分の味方でいてくれる

このような時に得られる満足感の事を
自己重要感と言います。

自信・プライドとも直結しており
心理学的にも非常に重要な感情となっています。

実は人間が本能レベルで
一番欲しているものの一つが
この自己重要感です。

その証拠に
自己重要感が低下すると
人間は自殺を考えます。

  • 自分には価値が無い
  • 誰も認めてくれない
  • 私は必要ない人間

このような状態になるのを
人間は本能的に恐れているんです。

なので
例え営業トーク・社交辞令だとわかっていても
人間は褒められたり認められたり尊重されると
本能的に嬉しくなっちゃうんです。

そうするとどうなるか…

めっちゃ楽しくなっちゃうんです。

そんで気付いたら
隣に座っている女の子を指名して
ドリンクもガバガバ注文させちゃうんです。

んで会計の時に
『お、おぉ…。』ってなるんです。

でもそれに見合った対価(サービス)は
しっかり貰っているのでお客は満足します。

更に言うならば
自己重要感は麻薬のようなもの。

このキャバクラで味わった非日常体験は
脳味噌に刷り込まれます。

キャバクラ=高い・怖い・無駄

↓↓↓

キャバクラ=楽しい・気持ち良い・最高

冗談抜きで
僕は初めて行ったキャバクラで
こんなイメージに変わりました。

そして一度高額を払って満足すると
次からは高いと思わなくなるんです。

『あの子と呑むと楽しいからまた行こう』
こんな風に考える脳味噌が出来上がるんです。

これを俗に
『売り込まないセールス』と言います。

セールスにおいて究極のセールスであり
全てのセールスマンが目指さなくちゃいけない領域に
プロのキャバ嬢は突入しちゃってるんですよ!

プロのキャバ嬢が
どうしてスーパーセールスウーマンなのか
どうして高額でもサービスが売れてしまうのか
少しは伝わったでしょうか?

そして…
この記事を読んでいる殿方で
キャバクラに行った事が無いという方は
ぜひ…!ぜひ…!!

プロの接客スキルを
一度体感して欲しいものです。
(安キャバじゃなく中堅~高級店がオススメです)

(・∀・)イイネ!!クリックこちらにも
↓↓していただけたら嬉しいです↓↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事