「フリーランス」という言葉は一般的に認知されており、自由な働き方としてフリーランスを生業にしている人もいます。

一方で、「ノマドワーカー」という言葉もあります。

ノマドワーカーとフリーランスは似たものとして混同されることもありますが、実際には意味合いが異なっています。

それぞれ違う分類に属する言葉です。

しかし、意味としては違うものの両者の間には共通点もあり、密接に絡み合っている点も多いです。

どちらも縛られる働き方よりも、より自由な働き方を目指すものであることは共通しています。

一方で、「組織に所属するかしないか」「契約はどのようなものか」という点で大きく異なっています。

両者の特徴を知ることは自由な働き方への理解を深め、個人やこれからの時代の企業や組織がどうあるべきかについて、価値ある学びになっていくでしょう。

ノマドワーカーとフリーランスの違い

ノマドワーカーとフリーランスの違いは、ノマドワーカーとは仕事のスタイルを意味し、フリーランスは仕事の契約形態を意味するものです。

したがって、実際の両者には共通する部分はあっても、言葉の分類として違うものになります。

ノマドワーカーとは

ノマドワーカーの「ノマド」とは、元々「遊牧民」を意味する英語です。

この言葉を仕事のスタイルとして当てはめたものが「ノマドワーカー」になります。

文字通り、場所にこだわらず、まさに遊牧民のようにその時々に応じて好みの場所で仕事をするスタイルです。

現在ではインターネットを使用して行う仕事が多く、このような働き方を可能にしています。

働く場所は会社だけではなく、ネットが使用できる環境であればどんな場所でも仕事場として活用することができます。

カフェ、喫茶店、ファミレス、カラオケ店、図書館、公園など、従来の仕事環境にとらわれない点が特徴です。

また、条件が整えば移動中でも仕事をすることが可能です。

学生時代の勉強で自宅だけではなく、図書館や学校の自習室を利用したように、その時々の状態や気分に応じて様々な場所が仕事で使用されます。

ノマドワーカーとは仕事のスタイルのことであって、契約形態のことではありません。

したがって、会社の一員として働くノマドワーカーもいれば、独立して個人として働くノマドワーカーも存在します。

正社員や非正規社員というような区分も関係なく、あくまで自由に場所を変えて働くスタイルであればノマドワーカーと言えます。

フリーランスとは

フリーランスとは、企業の社員になって働くのではなく、完全に独立した個人として仕事を行う形態です。

「自営業者」「個人事業主」「自由業」など様々な呼び方が用いられることもありますが、会社や組織に所属していない点については同じです。

典型的なフリーランスとしては、個人として企業などの仕事を請け負い、その仕事において契約を結びます。

社員としての契約を結ぶわけではなく、仕事単位で契約を結ぶ点が特徴です。

フリーランスの仕事範囲は実に様々で、個人的な技能を活かせるものから、特に資格や技術がなくてもできるものまで幅広く存在します。

インターネットの知識を活かしてウェブサイトを作成する人もいれば、デザイン技術を活かしてその方面で企業などの仕事を請け負う人もいます。

また、フリーアナウンサーのように、個人としてアナウンスの仕事を受注するようなケースもあります。

自分が持っている資格を活かすことも可能です。

また、ウェブライターや記事作成のように、特に資格がなくても取り組むことができるものもあります。

ネットの発達によってフリーランスが活躍できる場は大きく広がっており、その業種や種類も多岐に渡っています。

通常では接点のない個人と企業が結びつくことも容易にできる時代になったことも、フリーランスという働き方を選ぶ人が増加した理由です。

ノマドワーカーとフリーランスの共通点

ノマドワーカーとフリーランスは言葉の意味としては違うものの、実際の働き方については共通点の多いのが特徴です。

フリーランスという企業に所属しない働き方は、自分で自由にワーキングスペースを選ぶことができるため、まさにそれはノマドワーカーの働き方と同じです。

フリーランスとして自宅で作業している人も、気分を変えてカフェなどの場所で仕事をすれば、フリーランスでありノマドワーカーでもあると言えるでしょう。

自宅や事務所などの仕事をする場所が決まっているフリーランスは、ノマドワーカーという定義には当てはまりません。

また、自由な場所で仕事ができる環境にあっても、企業や組織に席を置いているのであればフリーランスとは言えません。

両者の共通点は、個人の裁量によって様々な場所を仕事場にすることができる点にあります。

ノマドワーカーとして働くメリット

ノマドワーカーとして働くメリットは、自由な場所に移動して仕事ができることです。

会社のように特定空間の指定された場所で毎日仕事をしていると、状況によっては単調で刺激のない感覚に陥るケースもあります。

仕事の能率が下がり、また性格の合わない上司や同僚が近くにいれば、心理的な重荷になって仕事に影響をきたすことも考えられます。

その点において仕事の場所を自由に変更できることは、上手な気分転換が可能になり、仕事の能率アップに役立つケースもあります。

職場の場合は人から話しかけられて自分の仕事がストップすることもありますが、このような自由なスタイルであればその懸念も少なくて済みます。

また、フリーランスであれば完全に独立した形態であるため、会社勤務のように月々の安定した収入が保証されるわけではありません。

その時々の仕事の受注状況によって、収入に変化が生じます。

しかし、ノマドワーカーであれば企業に在籍しながら行う人もいるため、安定した収入を確保しながら自由な働き方も可能になるメリットがあります。

ノマドワーカーとして働く際の注意点

ノマドワーカーは、特定の場所ではなく自由に場所を選んで仕事をします。

そのため、選ぶ場所によっては場所代がかかる可能性があります。

例えば、カフェやファミレスで仕事をする場合は、そこで飲み物や食べ物を注文するため、会社や自宅で仕事をするよりもコスト負担が増えることも考えられます。

料金がかかる場合は、コスト面において継続して利用が可能な場所を選択することが必要です。

また、場所によっては仕事に適さない状況や時間帯もあるでしょう。

混んでいる時間帯に利用すれば、周囲がいつもより騒がしくなることがあり、仕事に向かないこともあります。

企業で働いているノマドワーカーの場合は、会社に緊急の用事があって戻らなければいけないケースもあれば、会社から急な呼び出しがある場合も考えられます。

その際にはいちいち移動しなければならず、手間を感じることもあるでしょう。

会社に勤務していれば緊急な会議があってもすぐに参加が可能ですが、ノマドワーカーの場合はそういうわけにはいかないことも多いです。

もちろん職場環境にもよりますが、日常の仕事を行うにあたってこういった配慮も必要になることがあります。

結局ノマドワーカーとフリーランスだとどちらの働き方が良い?

月々の安定した仕事と給与を求める場合は、企業に所属しながらノマドワーカーとして働く方が適している場合があります。

福利厚生に関しても企業で働いていれば充実しており、収入面を心配することなく働ける点がメリットです。

一方、フリーランスの場合は、月々によって仕事の受注や仕事量にも違いがあり、収入が安定しないことも多いです。

しかし、選択の範囲という点では、フリーランスの立場はそれをさらに広げることが可能です。

企業に所属していないため、仕事量や仕事管理は自分の裁量で進めることができます。

得意分野のある人は好きな仕事を集中して行うことも可能であり、場合によっては、会社で得ていた給料よりも多くの収入を得る可能性もあります。

高収入を得るためにはフリーランスとしての実力が必要になりますが、フリーランスは特に仕事が限定されていないため、個人の能力によって様々な仕事を開拓していくことも可能です。

企業との契約で仕事を得るだけではなく、自分で商品やサービスを開発し、それを求める消費者に提供することもできます。

情報商材のように人々のニーズに合わせた商材を自分で作り、サイトやブログなどで販売している人もいます。

もちろんノマドワーカーであっても、フリーランスとして活動しているのであれば、こういったことは可能です。

どちらの働き方を選択するかは、所属している企業の職場環境や、個人の仕事に対する考え方でも変わってきます。

比較的安定した中で個人の資質を伸ばしていくなら、企業に所属した上でノマドワーカーとして活動することにメリットがあり、

個人単体としての仕事を広げ冒険を目指していくのであれば、フリーランスが適している場合があります。

まとめ

フリーランスは自由度の高い働き方ですが、しかし完全に自由というわけではありません。

企業の仕事を受注すれば、納品日までに仕事を完了する必要がありますし、必ずしも個人の都合で物事が進められるばかりではありません。

その点はもちろんノマドワーカーも同じです。

企業に所属する場合は、仕事をする場所の選択肢はあっても、会社というチームで仕事をするため必ずしも個人の都合が通るとは限らないからです。

しかし、従来からの働き方に比べれば、この両者の働き方の自由度は非常に高いものです。

自由な発想からより大きな仕事が生まれることも多く、旧来よりも仕事の選択肢や働き方の自由度はこれからも高まっていくことが予想されます。

日々の生活を支える収入面もしっかり意識しながら、個人にとって適切な働き方を考えることは有益です。

僕はフリーランスやノマドワーカーを応援するオンラインサロンを運営しています^^

もし、自由な働き方にご興味がありましたら、大人の楽屋HPに足を運んでみて下さい!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事