こんにちは。

live a life you will remember
どうせこの世を去るんだ、記憶に残る人生を送ろう。

後藤(@tsuyoshi.0501)です。

 

あなたの周りに「仕事が楽しい!」と言っている人はいませんか?

「仕事=辛い、できればやりたくない」と考えている人が大半な中、「仕事が楽しい!」と喜々として発言している人も一定数います。

そんな「仕事が楽しいと思っている人たち」は、いったいどのような心理状態なのでしょうか?

本記事では、仕事が楽しいと思っている人の特徴をご紹介した上で、実際に仕事を楽しくする為にはどうすれば良いかを具体的に紹介していきます。

また、現在の仕事がどうしても楽しくないという方に向けて会社を辞めるという選択肢についても触れていますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

自分自身の好きなこと、楽しいと思えることを仕事にしたいと思っていませんか?

僕達大人の楽屋では、自分自身の好きなことを見つけ、そして仕事にするまでの知識やお金を稼ぐ力、スキルなど具体的なビジネスアドバイスをオンラインサロンでさせてもらっています。

自分自身の好きなことや楽しいと思えることを仕事にしたい!と思っている人

は、ぜひ下記の大人の楽屋の詳細をご覧下さい。

仕事が楽しいと思っている人の特徴

はじめに「仕事が楽しいと思っている人の特徴」を見ていきましょう。

仕事が楽しいと思っている人には、下記のような特徴があります。

自分が何を好きかわかっている

仕事が楽しいと思っている人は、「自分が何が好きなのか」あるいは「自分は何をしたら楽しい気持ちになれるのか」を分かっています。

自分の好きなものやことを把握しているからこそ、自分はどのような仕事に就けばもっと人生を楽しめるのかを理解できているのです。

忙しい現代人にとって自分の心と向き合う時間はそうそう取れるものではありません。

しかしながら、仕事を楽しんでいる人の大半は自己分析をする時間を意識的に作り、自分の好きな物事を把握できるよう努めているのです。

好きな仕事に就くことができている

仕事が楽しいと思っている人の多くは、「好きな仕事に就くことができている」という場合も多いものです。

というのも、前述した通り仕事が楽しいと思っている人は自分が何が好きなのかを把握しています。

そして、その自己分析の結果に従って仕事を選んでいるという人も少なくないのです。

好きなことを仕事にしている人は、大抵自分の仕事が大好きです。

そのため、仕事に対してまるでゲームや趣味のような感覚で取り組むことができており、必然的に仕事を楽しむことができているというわけです。

仕事の中にある「自分の好き」を見つけられている

好きな仕事に就くことができている人以外にも、仕事を楽しいと思っている人はいます。

そういった人は、もともとは好きな仕事ではなかったにしろ、自分の仕事の中にある「好きな部分」を見つけることができている人です。

要するに「仕事の中にある『自分の好き』を見つけられている」人は、仕事が楽しいと思っているという傾向にあります。

たとえば、人と接することよりもコツコツと単純作業をおこなう方が楽しいと感じる人がいるとします。

その人は、自分があまり好きではない接客業をしているのですが、接客業という仕事の一部でもある「帳簿付け」や「在庫整理」などに仕事の楽しさを見出すことができているのです。

こういった人は仕事の中の「自分にとって好きな部分」を見つけ、その部分を思いっきり楽しむことができているのです。

良い意味で自分や周りに厳しすぎない

「良い意味で自分や周りに厳しすぎない」人も、仕事が楽しいと思っている場合が少なくありません。

ストイックで完璧主義な人の多くは、「仕事=義務」と感じておりなかなか仕事を楽しむことができないでいます。

一方で、良い意味でおおらかな人は、仕事に対しても「まあ、いいか」、「なんとかなるさ」という肩の力が抜けたスタンスで取り組んでいるのです。

たとえば自分がミスをしたとしても、「まあ、仕方ない!なんとかなるさ!頑張って取り返そう!」と考えるのがこのタイプです。

そのため、同僚や上司、後輩にもおおらかで細かいことは気にしません。

こういった人は、仕事での困難もどこか楽しむことができる心の余裕を持っているのです。

オフの日はめいっぱい楽しむ

仕事が楽しいと思っている人は、「オフの人はめいっぱい楽しむ」という特徴も持っています。

仕事を楽しんでいる人の多くは、「仕事=人生のすべて」だとは考えていません。

そのため、「仕事は仕事、休みは休み」というオンとオフの切り替えを上手におこなうことができるのです。

こういった人は大抵残業などもせず、ライフワークバランスを重視しています。

就業時間後やオフの日は思いっきりプライベートを満喫しているため、「よし!休みだからしっかり遊んだ!明日からまた仕事を頑張るか!」とポジティブになることができるのです。

仕事を楽しくする為にはどうする?

ここまでは、「仕事が楽しいと思っている人の特徴」を紹介してきました。

では、実際に仕事を楽しくする為にはどうすれば良いのでしょうか?

ここからは「仕事を楽しくする為の具体的な方法」を見ていきましょう。

はじめに自己分析をしてみよう

仕事が楽しいと思っている人の多くは、

  • 自分が何を好きか
  • 何をしていたら楽しいのか
  • 自分の得意なことは何か

などを把握できています。

もしもあなたが仕事を楽しみたいと考えているのであれば、まずは自己分析をするところから始めてみてください。

「自己分析なんてする時間はない!」という忙しい方もいらっしゃるでしょうが、ぜひ意識的に自分と向き合う時間を作ってみてください。

休日の1時間だけでも構いません。

それでも無理という方は、今晩お風呂に浸かりながらでも構わないのです。

まずは、ひとつだけ「自分は何をしていたら楽しいと感じるのか」を考えてみましょう。

それができたら、「自分の好きなこと」や「大切なこと」なども分析し、できればノートなどに書き出してみてください。

「自分の好きなこと」や「大切なこと」の優先順位を把握しよう

自己分析で「自分は何をしていたら楽しいと感じるのか」などが把握できたかと思います。

自己分析が終わったら、分析結果に優先順位をつけていきましょう。

たとえば、「自分は何をしていたら楽しいと感じるのか」という項目を見てみてください。

自分が楽しいと感じるものの中で、あなたがもっとも楽しめることは何ですか?

ひとつずつ並べてみてください。

こうすることで、「自分がどのような仕事をすれば楽しいと思うのか」や「今の仕事の中でどの分野であれば楽しみを見出すことができるのか」がわかってきます。

肩の力を抜いてみよう

自己分析と分析結果の優先順位付けが完了したら、次にすべきことは「肩の力を抜いてみること」です。

よく言われている通り、日本人の多くはとても「勤勉」で「真面目」です。

特に仕事においては、みな一様に完璧を目指し、ストイックに取り組みます。

けれど、あなたがもしも仕事を楽しみたいと思うのなら、少しだけ肩の力を抜いてみてください。

これまでは「100%こなさなければならない!」と思っていたとしたら、「まあ70%でもいいか」と考えてみてください。

案外、本当に70%の頑張りでも仕事はうまくいくものです。

ぜひ明日から、ちょっとだけリラックスしておおらかになってみましょう。

オフの日に大好きなことをやってみよう

そして、オフの日にはぜひ自分が大好きなことにチャレンジしてみてください。

自己分析をしたあなたは、すでに自分は何が大好きなのかをわかっているはずです。

その大好きなことを、次の休みの日に満喫してみてください。

仕事を楽しむには、心の余裕が必要不可欠です。

休日に大好きなことをし、自分の心を満たしてあげることで心の余裕が生まれます。

そうすればきっと、先週よりも仕事を楽しむことができるようになるはずです。

現在の仕事が楽しくないなら会社を辞めるのもあり

とは言え、「色々なことを試してみたけれど、どうあがいても仕事が楽しくならない…」という方もいるかもしれません。

現在の仕事をどう頑張っても楽しむことができないのであれば、思い切って会社を辞めるのもありです。

仕事を楽しむために会社を辞めるなら、次の3つのことに留意してみましょう。

新しい業界にチャレンジしてみる

現在の仕事に飽き飽きしていたり、どうも向かないと考えている人は思い切って新しい業界にチャレンジしてみるのもありです。

新しい業界に飛び込むのには、それなりの勇気が必要です。

けれど、今の業界に楽しさを見いだせないのであれば、新天地に飛び込んでみるのも良いかもしれません。

仕事をしながらスキルアップし、転職や独立に備える

「そうは言っても転職活動がうまくできるか不安」という人は、仕事をしながらスキルアップのための勉強をしてみてください。

自分の好きな業界にチャレンジするためには、どのようなスキルが必要でしょうか?

まずはそのスキルを洗い出し、スキルを手に入れるための勉強に取り組んでみましょう。

また、スキルを手に入れることができたら独立をするというのもひとつの方法です。

ひとりでもやっていけるよう、まずはスキルアップを頑張ってみてください。

同じ業界で転職してみるのもおすすめ

「勉強する時間がない」という人には、同じ業界で転職してみるのもおすすめです。

同じ業界とは言え、会社が変われば仕事内容も人員も大きく変わります。

一度同じ業界で転職してみて転職の流れを把握し、異業種へのスキルアップに備えるというのもありです。

まとめ

今回は、仕事が楽しいと思っている人の特徴から、実際に仕事を楽しくする為にはどうすれば良いかを紹介しました。

また、最後に紹介したように現在の仕事がどうしても楽しくないのであれば、会社を辞めるというのもひとつの方法です。

どうしても現在の仕事を楽しむことができないのであれば、今回ご紹介した仕事を辞める方法を参考に思い切った決断をすることも大切かもしれません。

あなたの人生はたった一度きりです。

もしも仕事が楽しくないせいで毎日が辛いのであれば、一度自分にとって何が大切なのかを問い直してみてはいかがでしょう?

また、僕自身現在様々な事業をしていますが、やってみて楽しい!自分自身が好き!だからこそ、様々なことにチャレンジし、仕事が好きになっています。

そこで、僕自身1人でも多くの人に好きなことを仕事にして欲しいという願いを込めて、オンラインサロン『大人の楽屋』を始め、自分自身が好きなことを仕事にするにはどうしたら良いのかなどの、具体的なビジネスアドバイスをさせてもらっています。

ですので、

  • 現状仕事が楽しい。けどもっと飛躍したい!
  • 自分自身の好きなことを仕事にしたい!

などで悩んでいる人は、ぜひ一度大人の楽屋を見て見て下さいね。

あなたの楽しい!好き!
が仕事に変わる?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事