ホリエモンこと堀江貴文氏が語るリーダー論とは?

[txtul text="好きなことで起業する!" size=22 bold=1 italic=1 color1="#4DCDF3" color2="#8AF7ED" hoverfx=1 thickness=3]

こんにちは、後藤です。

ホリエモンこと堀江貴文氏が語るリーダー論とは?

 

Processed with Snapseed.

.会場は渋谷のセルリアンタワーで
大体250名くらいの経営者が集まったのかなと。

ベンチャー企業、上場企業の社長さんまで、
多くの経営者が集まり堀江貴文氏の講演を聞きました。

登場から堀江さんらしい感じでした(笑)

で、テーマが「ホリエモンが語る!リーダーとは?」だったのですが、最初から最後までそういった話というより、違った視点でのお話でした。

どんな事が大切でどんな考えが良いのか、こんな話が主で結論的にはリーダーはそうあるべき!みたいな感じなのかな?

「未来を知るには現状を知ること」

 

これが僕の中では一番響いたかな。

堀江さんは経営者陣の中でもずば抜けて
「未来をよむ」事が出来ると言われている。

球団、テレビ局買収も色んな騒ぎが合ったが何年後先、10年後先にどうなるかが見えていたから現時点でそうなっている。

未来を予測するのは難しいが、事実起こっている現状を知る事で未来がどうなるのかは知る事ができる。

現状を知れば、考え方を修正してアクションしていくだけで、未来の行動が出来ると。

球団、テレビ局買収もその現状で事実起こっていたから!と、仰っていた。

でも、その事実起きていることが周りや大衆からしたら、非常識な出来事だから批判や受け止めることが出来ないのだろう。

「思い込みをするな」

 

これも凄く伝わってきました。

「常識」という考えを無くす。
これは常日頃から堀江さんが仰っていること。

どれだけ自分の頭の中にある”思い込み”を、
はずしてけるかが大切だと。

人それぞれ色んな思い込みがあって、
病院の話や上場の話は非常に面白かった。

これらも思い込みや常識を外すだけで、
色んな視野で客観的に物事を考えれるんやと。

フラットな状態で現状起きていることを”みる”

小ちゃな思い込みとかでも、
起業はオフィスを構えないと駄目とか、
従業員は持つべきだとか、

時代が変化してくと、
今迄の”思い込み”も変えなくちゃいけない。

後は、シンプルに堀江貴文さんの話を聞いて、そもそも病気なったり死んだら何もかも終わりやから、真剣に運動とか健康には気を付けようと思った(笑)

って事で、近々 歯医者 と ジム に行こう。

皆さんも健康にはお気をつけて、
早めに診察してもらいましょう^^

相変わらず色んな意味で面白い人やった(笑)

まあ、でもそれが”ホリエモンブランド”
あの質問にあの答え方になるのも仕方なかったり。

こうやって自分よりも圧倒的に凄い人の話を聞くことで、「知見を得る」。そして、自分の価値観や視野が大きく広がっていく。

今後ほんとに世の中の仕組み、常識だったことが変わろうとしている中で、いかに自分が生き残れるかが重要になってくる。

生き残って幸せな人生を過ごす為には、自分の思い込みや視野の狭い価値観のままだと確実に時代の変化についてけなくなる。

だからこそ、フラットな考え方で自分よりも凄い人の話を聞く。という行動自体に価値が出てくる。

これからも「自己成長」の為にも成長し続ける為の行動が改めて必要なんだな、と気付かせて頂きました^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事