好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

起業してお金を稼ぎたければ「稼ぐ方法」ではなく「稼ぐ力」を身に着ける

起業してお金を稼ぎたければ「稼ぐ方法」ではなく「稼ぐ力」を身に着ける

←後藤 剛は今、何位?

「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
夢を叶える「稼げる自分」になろう。

こんにちは、後藤です。

本日のお題はコチラ
『起業してお金を稼ぎたければ「稼ぐ方法」ではなく「稼ぐ力」を身に着ける』

誰もが現状の生活よりも豊かになりたい、
もっとこんな生活をしたいと思ったことはあるでしょう。

僕は起業を勧めてるわけでもないですが、これからの時代では「自分でお金を稼ぐ」ということが必至つです。

どうしてお金を稼ぐのか?

そんなことは云うまでもありません。

ヒトは生きていくために仕事どを通じて「稼ぐ」という動作を行い、生活に必要な財産を確保します。

しかし、稼ぎ方に答えや決まりはなく、
自分で見つけなくてはなりません。

そして稼ぐための発想を持つことが重要となってきます。

一体どのようなことが「稼ぐ」ことに繋がるのか?

「企業・会社に入社して勤めを果たすことで報酬をもらう」

いわゆる給与制度による稼ぎ方もあれば、自分で発明をしたり「アイデア」で稼ぐ方も存在するのです。

稼ぐということを「地球」からお金を作り出すと考えてみてください。

銀行には口座という預貯金を預ける場所があります。

現金財産を預けており、いつでも取り出せますが、それは自分が保有している財産に限定されます。

実はこの世には「地球銀行」という名の銀行があります。(例え話ですので、仮定です笑)

その銀行は全国どこからでも、お金を限度額なくいくらでも出金することができます。

しかし、キャッシュカードや通帳が存在しません。

出金することができるのは、その方法を知っている人だけであり、自分で出金する方法と出金額を見つけた方のみとなります。

それは誰が教えてくれるわけでもなく、
自分で見つけるしかありません。

出金の方法は様々ですが、
それを総称して「ビジネスモデル」と言います。

物事の仕組みを追いかければ、
見つかる場合もあります。

これがあれば地球という銀行からお金を出金できます。

出勤して給与をもらうという発想から、出金するお金を作るという発想に変えることで
「受動」から「能動」になりこれが、
「稼ぐための方法」から「稼ぐための力」に変わる瞬間。

自転車という商品を使って考えましょう。

「稼ぐ為の方法」は、自転車販売会社に勤め自転車を販売価格で売り、会社の実績を作ることで報酬をもらう「仕事」です。

では「稼ぐ力の発想」ではどう考えるのでしょうか。

自転車というものに着目をし、本体が持つ利便性に注目するのではなく、付随する関連事項に着目します。

自転車は大人から子供までのターゲット層があり、子供には安全性が問われます。

当然転倒することもあれば、
夜間の視認性の悪さなどの不都合も出てきます。

そこで、自転車の転倒防止をサポートする「補助輪」や、夜間の視認性をアピールする「反射材」「ライト」など、こうしたものを開発・提案することでユーザーのニーズは深まり、需要が高まることで結果として独占売り上げとして「ビジネスモデル」が成立します。

これが地球銀行からお金をおろす方法であり、
”稼ぐ力”です。

”「稼ぐ方法」ではなく「稼ぐ力」を身に着ける”

稼ぐ方法はいくらでも転がっていますが、
自分がその方法で稼ぐ力が身に付いてなければ意味が無いのです。

・起業して失敗しする
・単発では稼げたが稼ぎ続けれない
・色んな方法は試したが稼げなかった
・ノウハウを買い続けて借金まみれになった
・どうすればいいのか分からない

現状の生活から抜け出せない99%の人達は、
「稼ぐ方法」ばかり追い求めてしまっています。

もし、あなたが失敗したくない!
将来安定的に稼ぎ続けたいのであれば、
「稼ぐ力」を身に着けて下さい。

でないと、今後一生涯で現状から抜け出せないでしょう。

では、今日はこの辺で。

ビジネススクールバナー 336✕280

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓

後藤の公式Lineとは?

「ブログでは公開していない言えない丸秘な情報」や「公式Lineでしかアナウンスされないイベント情報」などが、誰よりも早くキャッチすることができます!→後藤の公式Lineを友達追加

ビジネススクールバナー 336✕280

3.0 rating

コメントはこちら

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PICK UP!

マーケティング

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top