好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

腐った脳みそは捨てましょう

腐った脳みそは捨てましょう

こんにちは、後藤です。

”まだそんな考え方してんの”

と今日僕は言いたいのです。

まだまだ世の中の人は昔の考え方ばかりで
先入観エゴばっかで頭がカチコチですなんです。

僕はそれに呆れています。

”時代が変わって、
常に時代は変化し続けてる”

ににも関わらず脳みそは変わっていない。

これは「大問題」だと思っているのです。

ですので今日はその事についてのお話を^^

””腐った脳みそは捨てましょう””

僕のBlogを読んでいる人達は
そんな脳みそではないかとは思いますが。

(僕の記事読んでると)

そして読んでいる人達の大半が
お金に困らない理想のライフスタイル
を手に入れたいと思っているでしょう。

そんな理想のライフスタイルを描くために
まずはやるべきとは何だと思いますか?

少し考えてみましょうか。

。。。

。。。

。。。

。。。

最初の一歩となるのが、
今の自分が持っている「貧乏思考」を捨て、
「お金持ち思考」を身に付けることです。

あとはお金を稼ぐためのスキル向上と、
それを可能にするための人間関係の構築、
自分を取り巻く環境を変えること。

これに全精力を注いでいくべきです。

それは、
「お金持ちが必ず持っている、
お金に関しての正しい思考法、

つまり『お金持ち思考』を身につけたから」

からこそだと僕は思っております。

僕がこうなれたのも上記をクリアーしたからです。

「クリックしただけで」
「楽に簡単に」
「何もしなくても」

こんな事でお金は稼げませんし、
理想のライフスタイルなんか相当無理です。

では、僕の言う、

「貧乏思考」「お金持ち思考」
違いとはどのようなものなのでしょうか?

(言葉が悪いのはご了承頂ければと)

色々あるので話すとキリがないので
一つだけ紹介して書いていこと思います。

「教科書ベース」か、「実社会ベース」

「お金を稼ぐためには儲かっている
企業で出世をしないといけない。

そのためには人よりどれだけ
多く勉強したかにかかっている」

↑これが時代遅れのお金持ち発想

特に大企業偏重の日本では、
お金を稼ぎたいなら

「一流大学を出て、大企業で出世する
エリートにならなければいけない」

と考えてしまいがち。

教科書的なお金儲けの仕組みは、
イマの時代では通用しないと思います。

一方、お金持ち思考はこう考えるでしょう。

「組織や体裁にとらわれず、
時代が求めることを自分達から
情報発信していけば、お金は儲かる」

「実社会ベース」がこれです。

つまり、現在のリアルな社会で、
消費者が本当に求めている商品を
売ることに注力すればいいという発想。

従来型の発想と大きく異なるのは、
所属組織からお金を貰うのではないのです。

自らのアイデアスキル
ノウハウによって社会に価値を与え
自らお金を生み出していく姿勢を持つこと。

ベンチャー企業ほど魅力的な商品を
生み出しているのがその証拠だと思います^^

だからこそ、お金持ちを目指す第一歩は、

「雇われ発想」を真っ先に捨て、
自分の力でマーケットを作りだす出すための
アイデアやスキル磨きに集中することだといいます。

 

後藤の公式Lineとは?

「ブログでは公開していない言えない丸秘な情報」や「公式Lineでしかアナウンスされないイベント情報」などが、誰よりも早くキャッチすることができます!→後藤の公式Lineを友達追加

ビジネススクールバナー 336✕280

寄稿者

後藤 剛
大阪府出身/東京在住.178㌢.65㌔
貧乏、学歴、人脈なし、サラリーマンを経験後、20歳の時に単身上京し、「IT」について猛勉強して、21歳の時に株式会社BLOSSTORYを創業。世の中に価値あるものをお届けするということをモットーにWEBマーケティングのサポートを行う。創業1年目で年収3,000万円を達成することに成功。最近は、”限られた給料”から、”雇われずに複数の収入源を持って生きる”をモットーに、「夢あるカッコイイ人達」のキッカケとなる活動にも力を注ぐ。趣味は、旅行、写真、お酒。

コメントはこちら

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PICK UP!

マーケティング

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top