起業を検討している人はたくさんいて、今も続々と新しい起業に挑戦しています。

その中にはバイトをしながら起業をしている人もいるのが実態です。

僕は起業しながらアルバイトはしていなかったですが、起業する為に勉強していた期間はアルバイトをやっていました。

そこで起業しているにも関わらず、アルバイトを行っている理由や起業に向いている人などを紹介します。

バイトしながらでも起業はできます!その理由とは?

起業をしている人の中には今もバイトをしており、少しでも多くのお金を稼げるように頑張っています。

その理由としていきなり起業したからといって、忙しくなるとは限らないからです。

起業して安定した収益を出す為には、少し期間が必要だったりはします。

その間仕事がないという場合もあるので、このようにバイトを行うことができます。

ただし起業した仕事が徐々に忙しくなった場合は、バイトをするのが難しくなってくるでしょう。

特に起業した仕事内容が軌道にのって、安定した仕事を行えるようになったらバイトの両立が難しくなると思います。

この場合バイトよりも起業した仕事を選択した方が多くのお金を稼げます。そこでこれまで実施してきたバイトを辞めて、起業に専念する人が非常に多いです。

起業してもアルバイトをする必要はあるの?どんな時にアルバイトが必要になってくる?

起業に興味を持っている人の中には、アルバイトをする必要があるのか疑問に思っている人もいます。

ただ起業をした人の多くがアルバイトを行いながら、少しでも起業した仕事を安定させられるように頑張っています。

基本的に起業してもアルバイトをする必要はあり、アルバイトをすることで万が一の状況にも対応できるようになります。

もちろんアルバイトをせずにビジネスだけで生計を立てれることにこしたことはりませんよ。

起業が安定するまでの収入を得る為に実施

いきなり高額な収入を得ることはほとんどなく、起業した当初はほとんど収入を得られないケースがほとんどです。

全く収入がない期間が長期間続いてしまうと仕事を快適に行うのができなくなるだけではなく、生活にも悪影響を及ぼしてしまいます。

そこで起業した人の多くがアルバイトを行っており、起業が安定するまでの収入確保として、一生懸命仕事をしています。

アルバイトをすることである程度のお金を確保することが可能です。

これによって生活するのが難しくなる、という状況を極力避けられるようになります。

長期間起業した仕事が安定しなかった場合でもアルバイトのお陰で、何とか起業を続けられる可能性も生まれます。

またアルバイトが多い理由として、何時でも気軽に仕事を実施できて辞められるのも関係しています。

全然起業した仕事が安定しない時は、アルバイトの時間を増やすことで無収入の状況を避けられます。

起業した仕事が忙しくなった時は、アルバイトの時間を減らす、もしくは思い切って辞めるという選択肢を選ぶことができます。

他の雇用形態よりも柔軟性を持っているのがアルバイトなので、今も起業した多くの人がアルバイトを行っています。

深刻な状況が発生した時もアルバイトで乗り越えられる可能性

起業は必ずしも順調にいく訳ではなく、残念ながら深刻な状況が発生する場合もあります。

そのような状況が発生した時もアルバイトを行っていれば、少しずつ起業した仕事を立て直せるチャンスが発生します。

もしアルバイトをしてなかった場合、起業に大きな問題が起きてしまうと収入が全く無くなる可能性があります。

起業した仕事を続けるのが難しくなるだけではなく、生活にも悪影響を及ぼしてしまい、人生において辛い状況が起きてしまう確率も高まります。

しかしアルバイトをしておけば、起業が深刻化した場合でも経済的な負担を少しでも減らせます。

そして深刻な状況を改善し、起業を安定した軌道に乗せられる可能性が生まれてきます。

人によってはある程度起業が安定しているにも関わらず、もしものことを考えて何かしらのアルバイトを行っている場合もあります。

僕は20歳の時に東京へきて起業する為に勉強をしていましたが、その頃は少しアルバイトもしていました。

サラリーマンを辞めて「よし!稼ぐぞ!」と意気込んでいましたが、やはりそんなに早く稼げるものでもなかったので(泣)

ですが、アルバイトを少ししていたおかげで生活も安定していました。

(かなり節約はしていましたが笑)

じゃあ起業ってそもそも何?バイトは関係ない?

起業は会社もしくは企業を設立するという意味ではなく、新しい事業に挑戦すること。

そしてある程度収入を獲得できるようになったら経営という形になり、そこまで達するには、少し大変なのが現状です。

バイトは関係なく、バイトをしているからといって起業することができないというわけではないです。

またバイトをしていなくても何時でも起業をすることが可能です。

起業した人の多くが最初はアルバイトを行っており、少しでも収入を得られるようにしています。

しかしアルバイトを実施しないで起業した仕事一本で挑戦している人も中にはいます。

それはそれでいいことです!

アルバイトを実施していない分、起業した仕事に集中する事ができ、上手くいけば短期間で安定した収入を出せるようになります。

ただアルバイトをしないで起業をするという選択肢はリスクもあります。

その理由として起業した仕事が上手くいかなかった時、収入が激減するので生活に悪い影響を及ぼしやすいです。

元々多くのお金を持っている場合は、多少起業が上手くいかなくてもお金があるので、問題なく生活を行えます。

しかし経済的にギリギリの状況で起業した人は、上手く稼げなくて仕事だけではなく、生活にも影響を及ぼす恐れが高いです。

そうなると仕事どころでは無くなってしまうので、最悪の状況を避けるためにアルバイトをしているケースが多いでしょう。

起業に向いている人ってどんな人?

積極的な行動が目立つ人は、基本的に起業に向いている人です。

その理由として、起業は行動力が重要になっており、積極的に行動する事ができる人ほど成功しやすいです。

行動力によって、起業した仕事を安定させることができたり、新たな仕事を獲得できるなどの利点が発生します。

残念ながら行動力がない人は、起業に向いていない人になります。

また精神的に逞しいもしくはストレスに強い人も起業に向いている人の一人です。

順調にいっている時は、精神的なストレスがほとんど発生しないです。

仕事にやりがいを感じたり、多くのお金を獲得できるのでモチベーション向上にも繋がります。

しかし上手くいっていない時は、想像以上に大きなストレスが発生しやすいです。

特に収入が著しく減ったり、色々と工夫しているにも関わらず、仕事が安定しないなどの状況が発生した時は大変。

そこで精神的に逞しいもしくはストレスに強ければ、大変な状況が起きた時も我慢強く仕事を行い、乗り越えられるので向いています。

その他にも一つの考え方にこだわりすぎるのではなく、柔軟な考えを持っている人は起業に向いている人です。

ずっと同じ仕事の仕方では、何時か限界を迎える場合があります。

その時に柔軟性を持っていれば、仕事の仕方を上手く変化でき、更に仕事を安定させられるチャンスが発生します。

意固地の人は、柔軟性に乏しいので起業した仕事が厳しくなった時に柔軟な対応を行えない可能性が高いです。

その結果、起業を断念せざるを得なくなる危険性があるので、残念ながら向いていないです。

起業の教訓
柔軟性 - 固定観念を持たず柔軟に切り替える。

結局、起業すると決めたら何が最も大切なの?アルバイトは何の為?

起業すると決めた場合、諦めないで起業した仕事が安定するまで頑張ることが必要です。

状況によっては数年間は仕事が安定しない場合もあります。

しかし諦めずに続けていけば、何時か仕事が安定してアルバイトをしなくても大丈夫なほど、多くのお金を稼げるチャンスがあります。

ちょっと失敗したからといって、諦めてしまうのではなく我慢強く続けていけば、少しでも成功できる確率が高まります。

アルバイトは基本的に起業した仕事が安定するまでの保険として、考えている人がほとんどです。

アルバイトをしておけば、全く収入が無くなるという状況を避けられるので、リスクを減らす為に実施している人が多いです。

起業の教訓
成功できないのは、成功するまで続けることが出来ないからで、結果を出すためには、結果がすぐに出なくても愚直に続ける必要がある。

まとめ

アルバイトをしている状況でも起業をすることは実質可能で、多くの人がそのような形で起業をしています。

アルバイトをしながら起業をする理由として、仕事が安定するまでの保険として実施しています。

もし仕事が上手くいかなかった時もアルバイトをしておけば、生活に悪い影響を与えないで済みます。

仕事が安定したらアルバイトを減らしたり、辞めればいいので危険を少しでも減らせるようにアルバイトをしています。

起業に向いている人は、精神的に逞しく積極的な行動をすることができ、柔軟な考えを持っている人です。

頑張っていきましょう^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事