大手企業だけではなく中小も含めるとたくさんの企業が存在しており、大勢のサラリーマンが各々の仕事をしています。

ただサラリーマンとして仕事をしている人によっては、つまらなくてモチベーション低下している人もいます。

どのような理由でサラリーマンがつまらないのかを紹介していき、サラリーマンを抜け出して起業することでどのようなメリットが発生するのか解説していきます。

サラリーマンはつまらない?そう思ってしまう理由は?

サラリーマンがつまらないと思ってしまう理由が主に3つあり、どれも深刻な理由になります。

これらの理由が長期間発生してしまうと、サラリーマンとして仕事をする時のモチベーション低下を引き起こしてしまうので要注意です。

もしあなたに当てはまっていたらサラリーマンを辞めることも考えるべきです。

会社の人間関係を常に気にしないといけない

たくさんのサラリーマンがつまらないと感じる部分で、会社の人間関係を気にしなくてはいけない部分があります。

会社で良好な人間関係が築かれている場合もあれば、酷い人間関係になっている会社もあります。

特に酷い人間関係になっている会社は、常に上司や先輩などのご機嫌を確認しながら仕事をしなくてはいけません。

効率よく仕事をするには、自分一人だけの力だけではなく、多くの仕事仲間と協力しながら仕事をしなくてはいけません。

その為、多くのサラリーマンが人間関係を気にしており、少しでも良い人間関係を維持できるように努力しています。

精神的に疲れやすく、サラリーマンとしてつまらないと感じやすいのでこの部分が大きな問題になっています。

サラリーマンでは数千万や億単位の年収確保が難しい

多くのサラリーマンが数百万の年収になっており、千万以上の年収を稼いでいるサラリーマンは一握りです。

更に数千万や億単位の年収は、役員や社長として仕事をしないと厳しいです。

どうしても獲得できる年収が予め決まってしまうため、サラリーマンに対してつまらないと感じる人が多いです。

他の職業や働き方の場合、上手く仕事をすることができれば、数千万や億単位の年収を確保できる可能性があります。

ただサラリーマンは仕事や収入が安定しているので、安定を最優先に考えている人も中にはいます。

自分がやりたくない仕事もやらなくてはいけない恐れ

会社から仕事の指示が発生した場合、その仕事を忠実に実施しなくてはいけません。

ただ仕事をするだけではなく、満足できる結果を出せるようにサラリーマンは一生懸命仕事をしています。

たくさんのサラリーマンが希望していない仕事をしており、精神的な苦痛が発生しています。

希望している仕事に携われないと仕事意欲が低下しやすく、つまらないと感じやすいです。

特に長期間やりたくない仕事をしているサラリーマンは、仕事意欲低下だけではなくサラリーマンを辞める可能性も高まります。

そもそもなぜサラリーマンをしている?その理由は?

たくさんの人がサラリーマンをしているのですがその理由として、3つの理由が関係しています。

つまらないと感じているサラリーマンも3つの理由によって、渋々サラリーマンとして働いていることも少なくありません。

収入や仕事が安定している

サラリーマンの大きな理由として、収入や仕事が安定しています。

毎月安定した収入を確保でき、一定量の仕事を実施できるのでたくさんの人がサラリーマンをしています。

特に家庭を持っている人は、安定した収入が必要不可欠なのでサラリーマンとして仕事をしていることが目立ちます。

福利厚生が定められている

多くの会社では福利厚生が設定されていて、何か問題が発生した時は大切な社員を守れるようにしています。

また福利厚生によっては、多くのお金を獲得できる場合があるのでサラリーマンの魅力になります。

大きなプロジェクトに携われるチャンス

個人一人の力では携わるのが難しくてもこれまで会社が築いてきた実績や関係などによって、大きなプロジェクトに携われる可能性が発生します。

新人でもこのように大きなプロジェクトに携われば、仕事に関連しているスキルをある程度高められます。

サラリーマンはつまらない...起業って何?

サラリーマンがつまらないと感じた場合、そのまま仕事をするのは危険です。

仕事意欲低下によって、集中力や正確性が失われてしまい、仕事で迷惑をかけてしまう恐れがあります。

そこで一つの選択肢として存在しているのが起業で、すでに多くのサラリーマンが脱サラしています。

成功することができれば、相当のお金を獲得できるので昔と比べても多くのサラリーマンが起業している状況です。

サラリーマンが起業をするメリット

サラリーマンが起業をすることでいくつものメリットを実感できる可能性があります。

どれも重要なメリットなので、少しでも実感するには起業後に一生懸命仕事をすることが求められてきます。

自分が希望している仕事を行える

会社に在籍している場合、基本的に会社の指示で仕事をしなくてはいけないので、希望している仕事を必ず行える訳ではありません。

しかし起業すれば、自分で仕事を探すので自分が希望している仕事を行いやすいです。

モチベーション向上に繋がるので、起業する時の大きなメリットです。

たくさんのお金を稼げる可能性

サラリーマン時代よりも多くのお金を稼げるのが起業になります。

特にたくさんの仕事を実施できれば、億単位のお金を稼ぐのも夢ではありません。

多くのお金を稼ぎたいと考えている人は、積極的に起業している状況です。

僕も20歳までサラリーマンをしていましたが、もっとお金を稼ぎたいと思い退職を決意して起業しました。

自分自身を成長できる魅力

優秀な人材として成長できれば、色んな仕事に携わることが可能です。

起業をすることで、様々な仕事を行えるので自然と成長しやすいです。

またたくさんの仕事を確保するため、向上心が芽生える場合もあります。

自分を成長できる一つの出来事として、起業する人も中にはいます。

サラリーマンが起業するとどんな人生が送れる可能性がある?

起業することによってこれまで以上に裕福な生活を行える可能性が高まります。

プライベートで使用できるお金が増えていき、心身ともにリフレッシュしやすくなるチャンスも高いです。

また老後の資金も貯蓄しやすくなるので、老後資金の不安も解消しやすくなります。

友人とは夜遅くまで飲み明かすこともできますし、自分の好きな女性とも一緒に居れる時間も多くなりますし、家族と会いたい時に会うことも実現します。

海外旅行や国内旅行も決められた休みでしか行けないのではなく、自分のペースに合わせて出掛けることができます。

まずは小さく始める!サラリーマンにおすすめの起業の仕事は?

小さく始められるお勧めの起業仕事が3つ存在しています。

起業を考えているサラリーマンによって、優れた能力や性格などが異なっているのでじっくりと考えることが重要です。

Webライターとして記事作成やリライトに挑戦

近年のサラリーマンはパソコンを使用することが多く、タイピングスキルに長けているケースが目立ちます。

そこでWebライターとして記事作成やリライトに挑戦すれば、少しずつ収入を増やせます。

クラウドソーシングサイトを利用することで記事作成やリライトの仕事がいくつもあるため、簡単に始めることが可能です。

気軽に始められるネット転売

ネットで魅力的な商品を購入して、高い金額で提供するネット転売も気軽に始められる起業の一つです。

ネットショップ開設などの簡単に行うことができるので、多くのサラリーマンがネット転売に挑戦しています。

僕もサラリーマン時代は車関係の仕事に携わっていたので海外のオークションサイトから工具を仕入れて、日本のオークションサイトに転売して少しお小遣い稼ぎをしていた時代があります。

家電でもコレクション系でもいいですし、アパレルでもいいですので自分が好きなジャンルがオススメです。

安く仕入れて高く売るという単純なビジネスモデルなので誰でもスタートさせることができます。

サイトやブログを利用したアフィリエイト

サイトやブログをすでに持っているサラリーマンは、アフィリエイトに挑戦して起業するのも一つの方法です。

成果報酬型広告になっており、商品やサービスを多くの人に購入してもらうことができれば、相応のお金を稼げます。

ちょっとした時間を利用して挑戦できるため、サラリーマンに向いている起業の一つです。

僕も転売の後は競馬サイトを運営して起業への道が始まりました。

お金がなくても始めることが出来ますし、そこまでパソコンの知識も必要ありません。

必要なのは根性とやる気とWEBマーケティング知識です。

サラリーマンが起業する際の注意点は?

注意点が3つあるのでこれらの注意点には、くれぐれも気を付けないといけません。

起業は必ずしも成功する訳ではなく、失敗してしまうリスクがあるので少し考えてから挑戦することが必要です。

失敗と言ってもうまくいかない時期もあるということで借金まみれになるという失敗ではありません。

借金まみれになるほどの起業モデルは店舗系だけになるので、それ以外の起業モデルは大丈夫です。

一生懸命頑張る努力が必要

一生懸命起業した仕事を実施しないと成功することができません。

実際に起業している人の多くが一生懸命努力しており、少しでも良い結果を出せるように頑張っています。

また短期間挑戦するのではなく、長い期間挑戦するのもポイントです。

頑張ると決めれば頑張ることが大切です。

得られるお金が最初は少ない

いきなり莫大なお金を稼げる人は少なくて、一般的に起業した人の多くが少額の稼ぎになります。

ここで注意しないといけないのが稼いだお金が少ないからといって、そこで諦めるのはよくないです。

仕事が安定することで一気に獲得できるお金が増えるチャンスがあるので、最初獲得できたお金で起業を辞めないように注意です。

サラリーマンの仕事に悪影響を与えないこと

好きな仕事やたくさんのお金を稼げるので起業に力を入れるサラリーマンも多いです。

ただサラリーマンの仕事もしっかりと実施しないと周りに迷惑をかける可能性が高くなります。

本業としてサラリーマンの仕事をしている人は、悪い影響を与えないように起業の仕事を上手くコントロールすることが必要です。

もしサラリーマンよりも収入が多くなってきたり、見込めるようになってくれば退職をしてもいいでしょう。

まとめ

サラリーマンがつまらないと感じる理由として、人間関係や収入などあらゆる理由が発生しています。

そこでつまらない場合は、起業を実施することで現状の状況を打開できる可能性が生まれます。

起業することで多くのお金を獲得できたり、希望している仕事を行いやすくなるなど利点が多いです。

人生は長いようで短いですし、後悔してしまっても後戻りすることはできません。

少しでも早く様々なことに挑戦をして経験値を積み上げ、最高の人生にしてもらえればと思います^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事