ノマドワーカーは決められたオフィスなどで仕事をするのではなく、様々な場所やお店で仕事を行う自由なスタイルが大きな特徴です。

喫茶店や飲食店で仕事をするケースも多く、多くの成果を残しているノマドワーカーもたくさんいます。

そんなノマドワーカーなのですがなりたての人にとって、飲食代が経費になるのか気になることも多いです。

そこでカフェやお店で飲食をした時に経費として認められるのかどうか紹介していきます。

その他にもノマドワーカーお勧めの会計ソフトが存在しているので、これらの情報もまとめていきます。

ノマドワーカーがカフェで食事をした際に経費になるのはどんな時?

ノマドワーカーがカフェで食事をした時、経費として認められるケースが存在しています。

実際に多くのノマドワーカーがカフェやお店で上手く食事を行っており、経費として計算している状況です。

コーヒーやお茶などの飲み物費用は経費として認められる可能性が高い

カフェでは多くの飲み物が提供されており、注文することによってこれらの飲み物を飲むことができます。

基本的にコーヒーやお茶などはそこまで高い費用に定められていないので、気軽に注文することが可能です。

多くのノマドワーカーがコーヒーやお茶などを飲みながら現状の仕事をしています。

そこまで費用が高くならないという部分も関係しており、多くの税務署では、コーヒーやお茶などの飲み物は経費として認められる可能性が高いです。

ただコーヒーやお茶を飲む時に儲けるために必要不可欠な飲み物として証明しなくてはいけません。

仕事をする、もしくはお金を儲けるに関係なかった場合は、経費として認められないので注意しないといけないです。

領収書はきちんと保管すること

コーヒーやお茶などの飲み物費用を経費として認めてもらうには、領収書を提出しなくてはいけません。

もし領収書を提出することができないと利用したカフェでどのくらいの費用を支払ったのか証明することができないです。

これでは経費として認めてもらうことができないので、紛失しないように領収書を大切に保管することが必要です。

領収書があることによって、利用したカフェでどのくらいの費用を使用したのか把握でき、正確な金額を経費として申告できるようになります。

税務署の職員やスタッフを納得させることが大切

領収書をきちんと保管して、経費の申告をする時にスタッフを納得させなくてはいけません。

税務署にはたくさんの職員やスタッフが働いており、税に関する申告をすることができます。

この時に厳しくチェックをしているので、カフェで使用した飲食代を経費として申告するには、税務署の職員やスタッフを納得させることが求められてきます。

基本的に税に関する知識や情報に長けているので、きちんと説明をしなくてはいけません。

また税務署の職員やスタッフによって、性格や考え方が若干異なっているので経費として認めてもらえるようにコミュニケーション能力が必要です。

注意点として、無事に申告ができたからといって油断をするのはまだ早いです。

申告した後に税務調査が存在しており、この時に怪しい経費に関しては徹底的に調査されます。

この時も税務署が細かくチェックするので、ノマドワーカーとして必要な経費だったことを認めさせることが重要です。

逆にノマドワーカーがカフェで食事をした時に経費にならないのはどんな時?

カフェで食事した時に経費として認められる費用もあれば、残念ながら経費として認められない場合もあります。

主に3つのポイントが発生しているので、ノマドワーカーで経費が気になる人は、気を付けないといけません。

がっつりとした食事はほぼ経費にならないので注意

カフェではコーヒーやお茶などの飲み物だけではなく、がっつりとした食事も多く提供されています。

コーヒーやお茶はそこまで高い費用になっていないですし、仕事の打ち合わせなどで提供されるケースも多いです。

そこで経費として認められやすいのが実態としてあります。

しかしラーメンやカレーなどがっつりとした食事は、残念ながら経費として認めてもらうのが難しいです。

その理由として会議や打ち合わせをする時、ラーメンやカレーを食べながら話し合いをしないのが関係しています。

またラーメンやカレーなどがっつりとした食事は、高額な経費になることが多いので認められないことがほとんどです。

経費を証明するための領収書がない

経費として認めてもらうには、領収書が必要不可欠です。

残念ながら領収書がないと経費の証明ができないので認めてもらうことができません。

もし領収書がない状態で経費として認めてしまうと不正を検討するノマドワーカーが増える恐れがあります。

大きな問題に繋がる恐れがあるので領収書を保管していないノマドワーカーは、カフェで使用した費用を経費として認めてもらうことができないです。

あまりにも高額な費用は経費として認められない

カフェで毎日コーヒーやお茶を注文すると相当のお金を支払わなくてはいけません。

中には元々の金額が高めに設定されているカフェもあるので、そのようなカフェを利用すると高額な費用になることも多いです。

一ヶ月数十万単位のお金をカフェで使用した場合、コーヒーやお茶しか注文していなくても経費として認められない可能性があります。

あくまで常識範囲内の飲み物代を経費として申告でき、あまりにも高額な費用は税務署に求めてもらえないことがほとんどになります。

そもそもノマドワーカーと会社社長では経費の使い方が違う?

ノマドワーカーと会社社長では、経費の使い方が全然違っています。

ノマドワーカーでは、カフェや施設を利用した費用を経費にしています。

会社社長の場合は、会社が使用しているオフィス用品を経費として使用したり、仕事の取引をするために接待交際費を経費にすることが多いです。

特に金額が全然違っているので、ノマドワーカーと会社社長では経費の使い方が異なるだけではなく、金額も全然違っています。

ノマドワーカーが経費にする際の注意点は?

ノマドワーカーが経費にする時の注意点として、まずは領収書をきちんと保管しなくてはいけません。

領収書を保管することで、税務署はカフェやお店を利用した時にどのくらいのお金を使用したのか把握できます。

そして不正な経費申告をしていないかチェックできるので重要なポイントになります。

その他にも飲み物は経費として考えておき、食事は自己負担という認識を強めなくてはいけません。

実際にカフェで注文したコーヒーやお茶などの飲み物は経費として認められることが多く、食事は経費として認められていないのが実態です。

どれが経費として認められるのか分からないノマドワーカーは、飲み物と食事で区別をすることで、経費として申告できるのか判断しやすくなります。

また高額な費用を経費として申告するのではなく、常識範囲内のカフェ利用費用を経費として申告することがポイントです。

ノマドワーカーが知っておきたいおすすめ会計ソフト「freee」とは?

無料で使用できる会計ソフトになっているので、経済的な余裕がないノマドワーカーでも問題なく使用することができます。

税務署に申告しなくてはいけない書類をスムーズに作成できるだけではなく、アプリを連動させることで溜まっているレシートを自動入力可能です。

ノマドワーカーとして仕事をする時に発生した経費をまとめられるようになるので、とても便利な会計ソフトになります。

無料でも使用することができるのですが有料で使用する場合は、チャットサポートを受けられるので困った時は心強い存在として頼れます。

ノマドワーカーが知っておきたいおすすめ会計ソフト「弥生」とは?

多くの販売実績を積み重ねており、会社や企業だけではなく多くのノマドワーカーから支持されている会計ソフトです。

色んな特徴を持っていて、シンプルな操作性になっているので会計ソフトを初めて使う人も困惑しないで、会計処理を実施できます。

また小まめなバージョンアップを実施しているので、増税などが発生した場合でも自ら修正することなく、自動で修正してくれます。

税のスペシャリストとして活躍している税理士も多く使用しているので、ノマドワーカーも問題なく使用できる会計ソフトになります。

まとめ

経費として比較的認められやすいのがカフェの飲み物代になります。

コーヒーやお茶などを飲みながら会議や仕事をすることが多いので、多くのノマドワーカーがこれらの費用を経費として申告しています。

しかしラーメンやカレーなどのがっつりとした食事は、経費として認められない傾向が強いです。

ラーメンやカレーを食べながら会議や仕事をすることはほとんどありません。

また高額な費用になりやすいので、残念ながら税務署が経費として認めてくれない可能性が極めて高いです。

経費として申告する場合は、領収書を大切に保管することが必要最低限になります。

その他にもあまりにも高額な費用を経費として認めてもらうのが難しいので、あくまで常識的な費用を経費として申告することが求められます。

ノマドワーカーにお勧めなfreeeや弥生などの会計ソフトがあるので、少しでもスムーズに経費申告できる書類を作成することができます。

このように経費として認められやすい費用と認められにくい費用があるので、申告する時は注意しなくてはいけません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事