こんにちは。

live a life you will remember
どうせこの世を去るんだ、記憶に残る人生を送ろう。

後藤(@tsuyoshi.0501)です。

 

  • 会社員から抜け出して場所に囚われない働き方を実現させたい...
  • もう自由に働きたい!

と、現在会社員の人であれば一度は思う悩みですね。

僕自身、今でこそネット事業を中心とした会社経営をさせて頂いており、日本だけでなく、フィリピンやアジアでも仕事をさせて頂いていますが、約3年間会社員として働いていた時期もあり、よく感じていた悩みでもあります。

「あ~お金稼いで自由になりたいな~」

と。

ですが、思っているだけでは場所に囚われない働き方を実現させるのは難しく、実現させる為にはどうしたら良いのかを具体的に考え、行動してきたからこそ、僕自身場所に囚われない働き方を実現できています。

ですから、本記事では、場所に囚われない働き方を実現させたいあなたに、実現させるための条件や方法、おすすめの職業を紹介していきますので、ぜひ今後の参考にして下さいね。

場所に囚われない働き方をする為の条件

結論から言えば、場所に囚われない働き方をするためには、いくつかの条件があります。

正直、この条件をクリアすることができないと場所に囚われない働き方を実現するのが難しいと思った方が良いでしょう。

とはいえ、

  • どの職業を選択するか
  • お金を稼ぐスキルがあるのか

上記の2点の条件さえ整っていれば、場所に囚われない働き方は可能ですので、具体的に見ていきましょう。

まずは職業の選択

場所に囚われたくない働き方をしようと考えた時、最も重要なのが『職業』です。

例えば、飲食店勤務の会社員や工場勤務の会社員など、職場が無いと成り立たない職業ですと、常に場所に囚われていることになります。

つまり、『会社員という職業』ですと、営業で外に出ることはあっても、ほとんどの職業が自由ではありません。

逆に、上司がいない職業、つまり経営者あるいはインターネットを活用した仕事ができるフリーランスであれば、場所に囚われない働き方ができます。

もっと言えば、店舗を構える必要の無い職業を選択しなければ、場所に囚われない働き方は実現しません。

お金を自分で稼げるスキルも必要

仮に職業の選択でネットを活用した仕事を選んだとしましょう。

例えば、アフィリエイトやWebデザイナー、プログラマーなど。

しかし、いくら場所に囚われない働き方が出来ると言っても、提供できるスキルが無ければ生活が成り立ちません。

また、ネットを活用しない何かしらの経営者という働き方を選択したとしても、営業スキルが必要になってきます。

つまり、場所に囚われない働き方をしようと考えた時、会社からの給料ではなく、自らのスキルでお金を稼ぐスキルは必須と言えます。

場所に囚われない働き方を実現するにはどうする?

先述した、

  • 職業の選択
  • お金を稼ぐスキル

の条件が理解できたとしても、場所に囚われない働き方を実現させる為の行動をしていかなければ実現できません。

もちろん、『今すぐに会社を辞めろ!』なんて言いませんし、それは僕としても無責任過ぎると感じます。

ですので、ここからは『どうやって?』の部分に着目して紹介していきますね。

リモートワークが可能な職業を選択する

現在であれば、ネット回線させ繋がっていれば連絡を取り合うことは可能です。(通称:リモートワーク)

ですので、必ずしも対面で仕事のやり取りをする必要がありません。

逆に、常に自分自身がその場にいなければならない職業ですと、場所に囚われない働き方を実現することはできません。

もっと言えば、自分自身がその場にいなくても、お金が生まれる仕組みを構築すれば、場所に囚われない働き方が可能です。

とはいえ、お金が生まれる仕組みを構築するのは容易なことではないですので、まずはリモートワークが可能な職業かどうか検討しましょう。

会社を退職した後にもらえる失業保険や社会保障制度の知識を身に付けておく

なぜこの知識?

と思われるかもしれませんが、場所に囚われて働いている会社員から自由になるのに最も簡単な方法は会社を辞めることです。

しかし、会社を辞めると当たり前ですが、今まで毎月振り込まれていた給料が無くなります。

そして、お金が稼げないままでいると、例え貯金をしていたとしても、みるみるうちにお金は無くなってしまいます。

そこで、会社を辞めてからでも、一定期間毎月お金がもらえる失業保険や社会保障制度の知識を身に付けておいた方が場所に囚われない働き方をより実現しやすくなります。

とはいえ、失業保険は聞いたことがあっても、社会保障制度は聞いたことが無い人もいるでしょう。

社会保障制度とは、簡単に言えば国が定めている制度であり、条件を満たせば失業保険よりも長い期間、一定額毎月支給されます。

失業保険や社会保障制度について詳しいことは、僕が運営している大人の楽屋の記事で詳しく説明していますので、本記事を読み終わった後に読んでみて下さい。

退職したらもらえるお金は時効5年間で誰でも貰える?会社都合や自己都合別に見る平均額について(社会保障制度についても併せて解説)

自己アフィリエイトで種銭を作っておく

場所に囚われない働き方をしようと思った時、貯金はもちろんあるだけあった方が良いですが、中には無い人もいるでしょう。

そこでおすすめなのが、『自己アフィリエイト』です。

自己アフィリエイトとは、簡単に言えば、A8.netやアクセストレードなどのASPに登録し『セルフバック(ASPによって呼び名が違います)』、を利用することで、報酬が得られるアフィリエイトです。

メリット、デメリットはもちろんありますが、ブログを使用する際にはサーバー代(月1000円位)がかかってきます。

原価があまりかからないのがネット商売の良いところですが、会社を辞めると毎月もらっていた給料が無くなる分、少しでも余分なお金があった方が良いです。

自己アフィリエイトについても、大人の楽屋の記事で詳しく説明していますので下記の記事をご覧下さい。

自己アフィリエイトとは?月30,000円が簡単に稼げる?やり方・メリットまとめ

お金を稼ぐスキルを身に付ける

先述の失業保険や自己アフィリエイトについては、独立した当初にとても助かることですが、無限に利用できる訳ではありません。

むしろ、お金を稼ぐスキルが無ければ、場所に囚われない働き方を継続していくことは難しいと思った方が良いです。

逆に言えば、お金を稼ぐスキルさえあれば、会社の給料に頼ることなく、場所に囚われない働き方は可能です。

しかし、会社員の場合、金額の大小は関係無しに『給料』という、毎月安定したお金を手に入れることができますので、お金を稼ぐスキルを身に付けなくても生活はしていける訳です。

ですが、本当に場所に囚われない働き方を実現したいと思い、お金を稼ぐスキルを身に付けたいのであれば、副業でまずは自ら稼いでみることをおすすめします。

副業と言っても、飲食店などのアルバイトの時給制の労働ではなく、ブログやYouTubeなどの最初は大きく稼げなくても、やったものが資産になる副業です。

とはいえ、それでも『どうやってお金を稼ぐスキルを身に付けたら良いのか分からない』なんて人もいると思いますので、

僕自身が運営しているオンラインサロン『大人の楽屋』では、ビジネスの基礎はもちろんのこと、ネットを活用してどうやって稼いでいけば良いのかを動画付きで具体的に解説しています。

場所に囚われない働き方を実現させる為には何が必要なのか?

を具体的に記載していますので、ぜひご覧ください。

場所に囚われない働き方をする際の注意点

先述した場所に囚われない働き方を実現させようと試みたとしても、注意点があります。

会社員なら特にですが、結論から言えば1から場所に囚われない働き方を実現させる為には『時間がかかります』。

当たり前ですが、お金が稼げる仕組みがあってこそ、場所に囚われない働き方を実現できます。

ですから、注意点をもっと詳しく見ていきましょう。

お金を稼ぐ仕組みができてからこそ実現できる

先述した様に『時間がかかる』ですね。

例えば、お金を稼ぐ仕組みが整っていない状態で海外の旅に出たとしましょう。

もちろん、それなりの貯蓄があり、1年間海外を放浪しても十分可能なお金があるなら良いとは思いますが、

収入が得られる状態で無いにもかかわらず、海外ばかりに行ってしまうと、お金が尽きた途端に会社員に逆戻りです。

もっと言えば、場所に囚われない働き方を手っ取り早く実現させたいなら、YouTubeやSNSでアウトドア系のチャンネルを作り、

ある程度チャンネル登録者数やフォロワー数を獲得できるようになれば、海外で現在どのような状態かを発信し続ければ良い訳です。

つまり、お金を稼ぐ仕組みができているからこそ、場所に囚われない働き方が可能です。

すぐに諦めない

先程の項目と似ており、言い方も悪いかもしれませんが、すでに知名度のある人に比べて、一般人の知名度はたかが知れています。

そして、今から場所に囚われない働き方をしますので、会社員を辞めます!と言って、YouTubeやSNS、ブロガーなどに参入しても、最初は見向きもしてくれません。

ですから、お金を稼ぐ為のスキルを身に付けるなら、情報発信をし続けることが大切です。

もちろん、1年以上見向きもされないこともザラにありますが、要はすぐに諦めてしまう人は場所に囚われない働き方を実現するのは難しいということですね。

場所に囚われずに働けるおすすめ職業

さて、ここまで場所に囚われない働き方を実現させる為の方法や注意点を紹介してきましたが、

  • どんな仕事なら実現可能なのか?

と思われている人もいるでしょう。

ここから紹介する場所に囚われない働き方ができる仕事は、基本的に『ネット回線があれば仕事ができるものを取り上げています。

中には、

  • 海外転売はどうですか?
  • コンサルタントはどうですか?

などとたまに質問を頂きますが、現場があってこそできる仕事と、1年間以上海外にいても成り立つ仕事は違います。

上記の点を踏まえて、おすすめの職業を紹介していきますね。

プログラマー

今や人材不足と言われるプログラマーですが、プログラムスキルとパソコンさせあれば、場所に囚われない働き方は実現可能です。

打合せもSkypeなどでできますし、多少単価が安くなってもクラウドソーシングを使用すればリモートワークによる仕事は見つかります。

ただやはり最低でも『プログラムスキル』が必要になる仕事ですから、初心者からするとややハードルが高いかもしれませんね。

ブロガー(アフィリエイト)

ネット世界の代名詞的な職業『ブロガー』ですが、要はアフィリエイトです。

もちろん、ブロガーの中には自ら商品を作り顧客リストを獲得し商売に繋げている人もいますが、ブロガーの大半の収入源は『アフィリエイト』です。

ただし、ブロガーとアフィリエイトを行うアフィリエイターの明確な違いは、自らをブランディングして情報発信しているのか、それとも商品販売を目的したサイトを作っているのかの違いです。

収益化するまでは結構な時間かかりますが、ブロガーであれば場所に囚われない働き方を実現しやすい職業と言えます。

海外を拠点としたブロガーで有名な人には、マナブさんやJOJOブロガーさんがいますね。

YouTuber

参入ジャンルによりけりですが、YouTuberも場所に囚われない働き方が実現可能な職業です。

とはいっても、参入ジャンルは幅広いですね。

  • エンタメ系
  • ビジネス系
  • 料理系
  • アウトドア系
  • ギャンブル系

など、上げたらキリがありませんが、要はいかに情報発信ができるかどうかがポイントになってきます。

例えば、ノマド+料理系YouTuberで有名なのが、Peaceful Cuisineさんですね。

オシャレな動画やビーガン料理、トラベル情報を発信している方ですが、まさに場所に囚われない働き方を実現されている代表的な方と言えるでしょう。

まとめてWeb系

  • プログラマー
  • ブロガー(アフィリエイト)
  • YouTuber

と来て、共通するのは『ネットを使用していることです。

転売、貿易関係、FX、投資家、などもネットを使用します。

ですから、まとめると、場所に囚われない働き方を実現させようと思った時、ネットを使用したWeb系に携わるのが得策と言えます。

ここで『いや自分は店舗を構えて...』という人は、残念ながら場所に囚われない働き方には向いていません。

強いて言えばパフォーマーやアーティスト

ネットを使用した商売以外で場所に囚われない働き方を実現させたい人におすすめなのは、パフォーマーやアーティストです。

上記の職業の場合、ネットは使用せず自らのスキルを活かして商売が成り立つ仕事です。

ですから、ネットを使用せずとも場所に囚われない働き方を実現させたい人は、パフォーマーやアーティストの道を選ぶと良いでしょう。

まとめ

ここまで場所に囚われない働き方について紹介してきましたが、最後に簡単なまとめです。

最低限必要な条件
  • 職業の選択
  • お金を稼ぐスキル
実現させる為の方法
  • リモートワークができるだけ可能な職業を選択
  • 貯蓄をある程度確保しておく
  • お金を稼ぐスキルを身に付ける
注意点:
  • 時間がかかる
  • すぐに諦めない
おすすめの職業
  • Web系
  • アーティスト系

 

上記のことが当てはまるのであれば、将来的に場所に囚われない働き方ができる可能性は高まります。

もちろん、必ずしも成功するとは限りませんが、一度しかない人生、やってみるだけやってみないと損です。

 

また、僕が運営している大人の楽屋では、フリーランスとして稼いでいく為のビジネススキルやお金を稼ぐスキルを具体的にサポートしていますので、どんなことが学べるのか一度下記の記事を見て見て下さいね。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事