こんにちは。

live a life you will remember
どうせこの世を去るんだ、記憶に残る人生を送ろう。

後藤(@tsuyoshi.0501)です。

 

これから起業を考えているのであれば、できれば失敗はしたくないですよね。

しかし、起業は必ずしも成功する訳ではなく、失敗する可能性も十分あることを理解しなくてはなりません。

とはいえ、起業で失敗しない為に大切なことは『いかに準備するか』です。

準備すると言っても様々ありますから、その点を踏まえて紹介していきますね。

本記事を読むことで前向きに起業に挑戦することができるでしょう。

起業で失敗しないためには

起業をする際、失敗しないようにするにはいくつかの方法が存在しています。

しっかりと対策をすることで、少しでも起業で失敗してしまう可能性を減らせるので重要な役割を持っています。

できる限り多くのお金を準備すること

起業をするには、どうしてもお金が必要になるので注意しなくてはいけません。

初期費用の他に人件費や事業資金など様々な資金がかかるので、安易に起業するのは難しいです。

特に店舗を構えて起業する場合には尚更です。

インターネットを活用したビジネスモデルであれば、店舗系ビジネスに比べるとそこまで費用はかかりませんが貯蓄はあったほうがいいです。

失敗してしまう理由としてお金を使い過ぎてしまい、いつの間にかお金が無くなってしまうケースがあります。

お金が無くなってしまうと経営を実施するのが難しくなるので、起業で失敗してしまう確率が高まります。

そのような状況を回避するため、できる限り多くのお金を貯蓄しておき、極力使わないように心掛けることが重要です。

お金を節約しながら起業をすれば、資金面の問題を生み出さなくて済むので失敗を避けられるようになります。

勢いだけではなくて計画的に起業することがポイント

起業する上でチャレンジ精神は大事ですが、無計画のまま起業してしまうのは失敗する可能性があります。

起業は勢いで行うのではなく、計画的に少しずつ行わなくてはいけません。

何としても失敗を避けたいと考えている人は、どのような起業を望んでいるのかよく考えることがポイントです。

そして少しずつ準備していけば、満足できる起業を行えるので失敗しにくいです。

くれぐれも勢いで起業をしないように注意しないといけないです。

ネット起業であれば、まずは副業から始めてみるのがおすすめです。

起業した人の失敗談を徹底的にチェック

正直に言えば、誰しもが起業して成功している訳ではなく、割合としては失敗している人の方が多いです。

ただ、起業に失敗した人によって、どのような理由で失敗したのか異なっています。

失敗談から学ぶことは非常に多く、今後起きるでだろう失敗を注意深く取り組んでいけば失敗を避けることも可能です。

ですから、これから起業を検討している人は、すでに起業している人の失敗談を聞いてみるのもおすすめです。

失敗する理由は大概共通しますから、自身が失敗しない為にもチェックしておきましょう。

専門的な知識やスキルを身に付ける

事業をする上で、知識やスキルは重要な商売道具です。

特にどんなビジネスでも「営業スキル」「WEBマーケティングスキル」は欠かせません。

その他にもパソコンスキル、マネジメントスキル、ライティングスキルなど様々あります。

当たり前ですが、人に喜んでもらうスキルが無ければ、商売は成り立ちません。

そして、高度なスキルを取得すればそれほど仕事の幅を広げることも可能です。

スキルを身に付けるには、圧倒的な時間を費やす必要がある為、すぐに身に付けれる訳ではありませんが、自分自身がやりたい!好き!と思える事柄で出会えていれば、きっとスキルは上達していくでしょう。

それでも、自分自身が本当に何をしたら良いかまだ迷っている人は、僕達が運営するオンラインサロン『大人の楽屋』を一度ご覧くださいね。

『フリーランスの為の実践場』となっていますが、ビジネスの本質を学べるサロンですので、すでに起業している人にもおすすめです。

もし起業で失敗したらどうなる?

借金を背負う可能性がある

自己資金で全てを賄って起業した場合は、失敗しても借金を背負うことはありませんが、銀行などから借り入れをして起業した場合、借り入れたお金は返済しなければなりません。

もちろん、借り入れして事業を行うのが悪い訳ではなく、資金にレバレッジをかけて、起業するのはビジネス拡大にも繋がります。

ただ、万が一起業に失敗し、自己破産あるいは責務整理などをすることになったとしても、あくまでも国が用意している救済処置ですので、検討してみるのも手です。(どうしても首が回らなくなった時ですけど)

正直失敗をしないことはない

起業するにしても、成功1割、失敗9割位です。

ですが、色々と考えすぎて行動しないよりも挑戦することが大切です。

起業で失敗したと言えば、「借金を背負ったのではないか」と周りの人はよく思いますが、それはあくまでも借入をして事業を行った場合です。

そして、起業に失敗したとしても、仕事に就けない訳ではなく、むしろ事業経験があるからこそ、歓迎してくれる企業は多数あります。

ですから、起業で失敗した後のことはその時考えましょう。

あなたが失敗しても成功するまでやり続ければ、過去の失敗が失敗ではなく成功のための過程となります^^

失敗することを恐れるよりも挑戦することが大事

自分の好きな事に挑戦できる

会社員であれば、自分がしたくない仕事でもしなければなりませんが、起業した場合、自分自身がやりたいことを仕事にすることができます。

わざわざ上司の顔色を伺う必要もないという訳です。

もしすでにやりたいことが見つかっているのであれば、起業に挑戦してみるのもありです。

趣味でダンスをやっていたらダンスを仕事にするのもいいでしょうし、ゲームが好きならゲーム実況を仕事にするのもいいでしょうし、旅行が好きならインフルエンサーとして旅をしながら仕事をするのもいいでしょう。

いやいや働くのではなく、自分の好きなことを仕事にして人生を歩むことをオススメします。

成功した時は多額のお金を獲得できる

成功の定義は人によって異なりますが、「多額のお金を稼ぐ=成功」であれば、会社員よりも多くのお金を稼ぐことができるのが起業の醍醐味と言って良いでしょう。

上天井がありませんから、成功すれば億単位でお金を稼ぐことも可能です。

むしろ起業する人の最初のモチベーションは「多くのお金を稼ぎたい!」という意気込みを成合としている人は多くいます。

「お金に執着する=悪」みたいにお金に執着する人を悪いイメージで捉えている人も多くいますが、起業家と会社員は考え方が根本的に異なります。

ですから、多くのお金を稼ぎたい!がモチベーションになっても僕自身は良いと思っています。

僕自信も最初は「もっといい家に住みたい」「海外旅行に行きたい」などの夢があって起業人生がスタートしました。

ですが、多くのお金を稼ぐにはどんなビジネスをするかも重要ですので、詳しくは下記の記事をご覧下さい。

挑戦しないと何時まで経っても起業できない

起業に対して、ずっとネガティブな考え方をしては何時まで経っても起業できません。

納得できる仕事に携われなかったり、多くのお金を稼ぐこともできません。

挑戦することによって、仕事やお金の部分において良い影響を受ける可能性が出てきます。

少しでも現状を変えたいと考えている人は、起業に恐れるのではなく、積極的に挑戦する勇気が必要です。

何事も想定内にいくわけではありませんので、やってみてから気づくことのほうが多いです。

起業することによって、少しでも変化が発生するので多くの人が起業している状況です。

起業しようか悩んだ時の相談先

起業を考えているのであれば、1人で問題を抱えるのではなく誰かに相談することをオススメします。

現状の自分の頭の中に入っている知識で解決しようとするよりかは、自分よりも遥かに知識や経験が豊富な人にアドバイスもらうほうが良いです。

周りに会社員しかいない人であれば、誰に相談した方が良いのか困るでしょう。

残念ながら、起業したことが無い人に「自分起業しようと思うんだけど...」と相談したところで、具体的なアドバイスはもらえません。

ですから、起業の相談をするならばすでに起業している人に相談するのが最も有効な方法です。

僕自身も最初は会社員でしたが、すでに起業している人に相談してアドバイスをもらったからこそ今があります。

つまり、起業を目指しているのであれば、誰に相談するかが重要な訳です。

僕自身現在はマンツーマンでの相談は行っていませんが、ビジネスサロンである大人の楽屋を通して時折相談を行っています。

まずは下記のページをご覧下さい。

まとめ

起業は誰でも挑戦できますが、誰しもが成功するとは限りませんが挑戦することがとても大事です。

しかし、失敗する原因は必ずあり、ビジネスの根本的なことを理解すれば自ずと成功する可能性は上がります。

ですが、失敗を恐れて何もしないよりか、何か行動を起こして結果的に失敗したとするならば、それは失敗ではなく経験値となります。

ですから、これから起業を考えている人は失敗を恐れず、まずは行動してみましょう。

あなたの人生はあなた自信が切り開くものだ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事