こんにちは。

live a life you will remember
どうせこの世を去るんだ、記憶に残る人生を送ろう。

後藤(@tsuyoshi.0501)です。

 

いきなりですが、自分で稼ぐ力を身に付けると、会社から独立して生活していくが可能です。

いきなり過ぎますね。(笑)

なぜ、自分で稼ぐ力を身に付けると会社から独立できるかと言えば、会社に頼らなくても良くなるからです。

もちろん、自分で稼ぐ力は自らが行動し、人に提供することで収入を得ることができますが、自分には稼ぐ力がない...なんて思っている人でも行動すれば大丈夫です。

では一体自分で稼ぐ力とは一体何か?将来的なメリットには何があるのか?

などについて詳しく解説していきますので、ぜひ参考にして下さいね。

自分で稼ぐ力とは

自分で稼ぐ力がある人は、必要な場面や必要な場面の前から準備的に行動してお金を得るということができる人です。

また、自らのスキルを提供することで対価としてお金をもらうことができる人も、自分で稼ぐ力が備わっていると言えるでしょう。

自分で稼ぐ力は、こうした人が持っている力のことで、自身や家族などの人がある程度の生活水準を保って生活するということを可能にする力といえます。

まとめると、自立して生きていくことを可能にするのが自分で稼ぐ力です。

自分で稼ぐというのは、何も独立系の仕事ができるということではないありません。

独立系の仕事は、個人で仕事をして行くというスタイルの仕事で、会社などの組織に属さないで行う仕事です。

しかし、自分で稼ぐということは独立系の仕事でお金を得ていくということではなく、組織などに属してその組織の仕事を行うことでお金を得ていくということも含んでいます。

例えば、会社員として担当の仕事をきちんと行っていくことも自分で稼ぐということです。

ですが、上司から言われたことをやるだけの会社員は、それは自分で稼ぐ力とは言えず、人からの指示でようやく稼ぐことができることです。

先日以下のツイートをしました。

現在の仕事の在り方は、自ら行動していくことによって、対価を得ることに変わりつつありますので、自らのスキルを活かして報酬を得ることができれば、それは立派な『自分で稼ぐ力』が備わっていると言えるでしょう。

自分で稼ぐ力を身に付けるには

とはいえ、自分で稼ぐ力を自分は持っていない。

と思う人もいるでしょう。

自分で稼ぐ力をどうすれば身に付けれるのか見ていきましょう。

提供できるスキルを身に付ける

ごく一般的な考えですが、人に喜んでもらえるスキルを身に付けることで、自分で稼ぐ力を身に付けることは可能です。

例えば、

  • 料理を提供するスキル
  • エステや整体などのスキル
  • プログラミングスキル
  • インストラクタースキル

など、自らの技術を生かして稼ぐ力です。

現在であれば、フリーランス同士のマッチングサイトや、スキルを活かしたクラウドソーシングは多数あります。

ですから、店舗を構えるだけではなく、出張系ビジネスやリモートワークなどで稼ぐことも十分可能です。

営業力を身に付ける

営業力は立派な自分で稼ぐ力です。

というのも、自らが技術者になるではなく、誰かの商品を変わりに販売することで、収入を得ることが可能だからです。

もちろん会社員としてではなく、独立して何かしらの代理店として営業することも可能です。

営業力については、以下の記事に詳しくまとめていますのでご覧ください。

自分で稼ぐ力を身に付けた場合の将来的なメリット

将来何かあったときに路頭に迷わなくてもよい

まず、最初に挙げられるメリットとして、将来何かあったときに路頭に迷わなくてもよいという点があります。

例えば、会社に勤めていて、家族を養っていた時に突然の倒産が起こってしまったという時でも、自分で稼ぐ力を活用して新しい仕事や仕事先を探すことができます。

そうなると、家族を路頭に迷わせずに済むため、困ったときに自分で稼ぐ力を持っていると新しくお金を得るところを探すことができるといったメリットがあります。

独立するという選択肢も可能になる

自分で稼ぐ力を身に付けると『独立する』という選択肢も可能になります。

自身で事業を始めたり、フランチャイズなどに加盟するなどしてオーナーとしての立場で仕事を行うことが可能なのです。

仕事を見つけて、それを完成させる一連のプロセスを行っていくことができるため、初めから完成するまで自身の仕事として仕事を行うことができるといった点も自身で稼ぐ力を身に付けるメリットといえます。

自分に自信が持てる

自分に自信が持てるということも自分で稼ぐ力を身に付けるメリットといえます。

自分で稼げるということは、自分で生活費を得ることができるのです。

したがって、自分の面倒を自分で見ることができます。

そのことは、自分で決めたことを自分で責任を取るということでもあります。

そのため、そうしたことができるということが自分に自信を与えてくれるということでもあるでしょう。

自分は仕事ができるということは必ずできるといった自身に対する信頼感を持つことにもなりますし、それを実行できることで、さらに自信を持つことができます。

そうした点が自身で稼ぐ力を持つメリットでもあります。

一度しかない人生を、人に面倒見てもらっているという負い目や劣等感などを抱えて生きるのではなく、自身で人生を歩んでいるといった実感をもって誇りをもって生きることができるのです。

毎日コツコツとした行動や努力を積み重ね、それらがこうした自信につながっているといえるでしょう。

向上心を持てる

自身で稼いでいる人は、自分で稼ぐという意志をもっており、必要なら誰に言われるわけでもなく自身で進んで勉強するといった向上心がとても高いです。

行動範囲も広くあり、行動することも得意ですし、必要な情報をいつも集めています。

つまり、自身を成長させることにとても熱心になれているのです。

こうした積極性も自身で稼ぐということのメリットです。

自分への投資も大切にできる

自分で稼ぐということは、自己投資にも繋がります。

そうするとリターンもあります。

少しでもそうしたリターンを多くできるように投資を行うことで人生の好循環が得られやすくなります。

投資という形で自身の人生をよりよくなるように開拓していくこともできます。

そうした人生がとても素晴らしいものになっていくということも自身で稼ぐためのメリットです。

人生の選択肢が増える

例えば、人生の伴侶を選ぶということについて例を挙げてみましょう。

一般的に、女性であれば収入がある程度ある男性を選ぶということが多いといわれています。

これには理由があり、結婚した時にお子さんができた際などには旦那さんの収入で生活しながら、女性が家に入って育児を行うというスタイルが一般的な風潮があるといえます。

そうなると、人生の選択肢はそれほど多くなくなるといえます。

例えば、エアコンなどの電化製品の購入を選択する場合、サラリーマンをしている旦那さんの収入の予算内で製品を購入することになります。

しかし、女性に自身で稼ぐ力があれば、旦那さんの収入と女性が得た金を合算して予算を決めることができますので、旦那さん一人だけの収入の時よりも高い金額の電話製品も選択肢に入ります。

したがって人生の選択肢は増えると言えます。

自分で稼ぐ力のまとめ

自身で稼ぐ力があるとは、自分で食べていけるだけのお金が得られるということです。

そうした力には様々な力が含まれますが、自分で稼ぐ力を身に付けることで将来に備えることができたり、人生の選択肢が増えるといったメリットがあります。

もちろん、会社員の人生が悪いとは限りません。

会社員でも企業に貢献できる力があれば、それは立派な自分で稼ぐ力です。

ですが、自分で稼ぐ力を身に付けて、会社員から独立したいという人もいるでしょう。

僕自身『大人の楽屋』というオンラインサロンを運営しており、フリーランスになる為の知識、スキル、そして自分自身で稼ぐ力を身に付けて自由な生き方を手に入れたい!

という方を対象に、様々なビジネススキルや知識を提供しています。

ネットが発展したことで好きなことをビジネスに変えていく方法は多々ありますので、自由な生き方を手に入れたい!という人にとっては、為になると思いますので、ぜひ一度ご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事