今も続々と起業する人が増えており、個人事業主や法人として仕事を行えるように頑張っています。

しかし起業を目指している人の中には、起業したいけどできないという人もいます。

あなたは起業したいけどアイデアもないからといって、起業できないと思っていませんか?

そこで起業したいけどできない理由だけではなく、成功や失敗しやすい人を紹介していきます。

起業したいけどできない理由5選

起業したいけどできない理由として、主に5つの理由が発生しています。

どの理由も起業する時、大きな弊害になりやすいので何としても乗り越えなくてはいけません。

この5つの理由を乗り越えることができれば、起業できる確率がアップします。

どのような仕事をすればいいのか不透明

起業しようと考えた時、仕事のアイデアや方向性が全然分からなくて起業できないことも少なくありません。

しっかりとアイデアを生み出し、仕事の方向性を定めておかないと起業しても仕事を安定させるのが難しいです。

それだけではなく、仕事のモチベーションを保つことが難しくなってしまうので、仕事のアイデアや方向性を定めることが求められてきます。

冷静に考えることで、少しずつ仕事のアイデアが生まれたり、どのように起業後仕事をしていくのか方向性を設定可能です。

起業するための費用と時間がない

個人事業主として起業をする際、費用はそこまで必要はありません。

しかし法人として会社設立する場合は、相応のお金が必要になってきます。

定款認証や収入印紙だけでも数万単位のお金が必要なので、十万円以上のお金が求められてきます。

その他にも株式会社の場合は、登録免許税も支払わなくてはいけなくて、お金が必要になってきます。

お金がないと会社を設立できないので、このように一定額のお金が求められてきます。

その他にも時間も必要で法務局で登記を行ったり、税務署に色んな書類の提出を行わなくてはいけません。

時間に余裕がある人はスムーズに手続きを行えるのですが限られた時間しかない人は、どうしても時間がかかるので起業できない理由の一つになります。

失敗が怖くて中々起業できない

起業したいけどできない理由の一つで、失敗が怖いという部分があります。

成功することができれば、多額のお金を獲得できるので生活を豊かにできます。

しかし失敗してしまうと多額の借金をする恐れがあるため、リスクを恐れて起業できない人がとても多いです。

借金を背負うというのは殆どないです。それは一昔前の考え方です。

確かに起業は豊か生活を手に入れるかどうかは自分次第ですので、当然失敗してしまう可能性はあります。

ですが、どんなことにも失敗はつきものです。失敗しても諦めない心を持つことが大事ですし、失敗を失敗と思わない心構えが大切です。

積極性がないと起業を成功させるのはかなり難しいです。

保守的な人は特にリスクを恐れてしまって、このように起業できないことが多くなっています。

起業の教訓
新たな挑戦に成功は保証されていないが、成長だけは保証されている。

現状に満足しているので起業していない

現状の生活もしくは仕事に満足している人は、大きな変化を求めないことがほとんどです。

そこで起業できるのに起業していないという人も多いです。

起業するにはこのような安定も崩さなくてはいけない場合があります。

実際に起業している人は安定よりも挑戦を選んでおり、積極的な起業を行っている状況です。

家族に反対されて起業することができない

起業することができない一つの理由として、家族に反対されて起業できない人もたくさんいます。

家族はどうしても安定を求めるので、起業に対してマイナスな印象を持っていることが多いです。

そのような状況が発生した場合、上手く説得できないと何時まで経っても起業することができないです。

これも一つの問題になっており、乗り越えなくてはいけない部分になります。

起業の教訓
自己選択した人生を歩もう。自分の人生は誰のものでもなく、自分のタメのもの。

起業しても失敗しやすい人の特徴

起業しても残念ながら失敗しやすい人はいます。

3つの特徴が発生しているので、1つでも当てはまる人は起業した時に失敗してしまう確率が高まります

少しでも成功するためには、この3つのポイントを何としても避けることが重要です。

一生懸命仕事をすることができない人

基本的に起業した時は、一生懸命仕事をしないといけないです。

一生懸命仕事をすることで新しい顧客を獲得できたり、収入が安定し始めるので重要なポイント。

ここで頑張ることができない人は、何時まで経っても仕事が安定しないもしくは収入が増えないので、失敗しやすいです。

特に起業は最初が肝心になってくるので、ある程度仕事と収入が安定するまで一生懸命仕事をすることが求められてきます。

儲かりそうという安易な考えで起業した人

これも失敗しやすいポイントの1つになっているのが儲かりそうという理由一つで、起業してしまった人です。

そのビジネスに対し、大きな情熱を持っている人は成功させられる可能性が出てきます。

しかし儲かりそうという理由だけで起業した場合、仕事に対して情熱を持てないことが多いです。

更に起業しても多くのお金を稼げなくて、モチベーション低下しやすくなります。

様々な悪循環を生み出してしまうので、このように起業で失敗しやすい人の一人です。

起業の教訓
「儲かりそうというビジネス」より、「自分の好きなビジネス」の方が情熱が注げて成功しやすい。

向上心が全然ない人

向上心が全然ない人は、起業しても高みを目指さないので成功しにくいです。

それだけではなく、失敗してしまう確率が極めて高いので、くれぐれも注意しなくてはいけません。

どの業界も色んな知識や技術が誕生しており、進化を遂げています。

向上心がないと既存のスキルに頼ってしまうので、他の個人事業主や法人に抜かれてしまう可能性が高まります。

経営悪化した時に原因を追究しない人

起業した後は上手くいく時もあれば、悪い状況になるケースも存在しています。

もし悪い状況になった時に原因を追及できない人は、何時まで経っても状況打開することができないです。

それによって起業が失敗しやすくなるので、徹底的に原因を追究しなくてはいけません。

そして原因を追求したらそれを改善することで、少しでも悪い状況を避けられます。

起業したい人はまず何をすべき?

起業したいと考えている人は、いきなり実施するのではなく少しずつ準備することが求められてきます。

そして万全の準備をすることができれば、安心して起業を行えるので重要な部分になります。

いきなり起業するのは危険なので副業からチャレンジ

いきなり起業することに対し、不安を感じている人も少なくありません。

そこでいきなり起業をするのではなく、副業から少しずつチャレンジしていくことがポイントです。

副業として行っていき、ある程度収入を確保できるようになったら起業するのも一つの選択肢です。

少しずつ挑戦していくことができるので、不安な気持ちを少しでも排除できます。

またタイミングを見定めて起業できるので、副業からチャレンジしている人も多いです。

もしものことを考えてアルバイトを実施

起業した時に収入が激減する恐れがあるため、アルバイトを実施するのも効果的な方法です。

アルバイトを行えば、もし起業した仕事が上手くいかなくても収入が全く無くなってしまうことがありません。

そして仕事が安定したらアルバイトを減らしたり、辞めればいいので一つの方法です。

どのような仕事をしていくのか色々と考えて少しずつ準備

どのような仕事に挑戦するのか冷静に考えてから少しずつ起業準備しましょう。

必要な費用を準備したり、どのような仕事をするのかしっかりと設定すれば、それに向かって頑張って起業するだけになります。

明確な目標になりやすいので、起業したい人はちょっとずつ起業するための準備をすることが重要です。

起業して成功しやすい人の特徴

起業に失敗しやすい人もいれば、起業に成功しやすい人もいます。

主に3つの特徴が発生しており、複数当てはまる人はかなりの確率で成功しやすいです。

すでに起業して成功している人の多くは、この特徴に当てはまっていることがほとんどです。

高い向上心と柔軟性を持っている人

既存の能力や成果に満足するのではなく、高い向上心を持っている人は起業に成功しやすいです。

また1つの考え方に執着するのではなく、色んな考え方ができる人は起業した後もアイデアが出やすいので、良い結果に繋がりやすくなります。

起業して成功している人は、更なる高みを目指して努力しているので、成功するために必要な条件です。

起業の教訓
困難もポジティブな機会と捉えて、固定観念を持たず柔軟に切り替えること。

リスクを恐れないで色々とチャレンジを実施できる人

リスクを恐れないで、色々とチャレンジできる人は起業でも成功しやすいです。

起業をする時は何事もチャレンジが重要で、積極性が高い人物ほど成功しやすくなっています。

常にポジティブな考え方をしており、最悪な状況を自然と回避しやすいので、成功しやすいです。

起業の教訓
いつでも新しいことに興味をもって学び、リスクを取って挑戦していこう。

広い人脈を確保できている人

広い人脈を確保できている人は、大変な状況が発生した時に助けてもらいやすいので失敗しにくいです。

また人脈が広いことで、新しい仕事を確保できる可能性が生まれる為、成功しやすくなっています。

少しでも人脈を広げられるように多くの起業者がセミナーやパーティーなどに参加しており、人脈を広げようと努力しています。

起業の教訓
人脈を作りたいなら、まずは魅力的な自分を作ること。

起業したいけどのまとめ

起業したいのにできない理由として、費用や時間がなかったり、ビジネスの方向性が定めっていないことが多いです。

そこで少しずつ準備することで、起業できる状況を整えられるようになります。

また失敗しやすい人は向上心がなく、原因を追究しないことがほとんどです。

逆に成功しやすい人は、更なる高みを目指して一生懸命努力できる人です。

少しずつ起業するための準備をしていき、ポジティブに行動していけば、少しでも満足できる起業を行えるようになります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事